緊急避妊におすすめのピルはレボノルゲストレル

コンドームを正しい方法できちんと使っていても、性行為中のアクシデントは発生してしまうものです。万が一、破れてしまい、避妊に失敗した時、あなたならどうしますか?また、仮にその時、大丈夫だったとしても、性行為のたびに、避妊に関して不安を抱いていたら残念なことです。日本では、男性が避妊を行なうのが主流。中には、コンドームをきちんと使用して欲しいと言い出せずに、我慢してしまう女性もいるようです。受動的な避妊は、望まぬ妊娠や中絶などをまねき、女性の身体と心を深く傷つけます。そんな我慢をしない為にも、臨機応変にピルを使用しましょう。性行為の予定が分かっていたら、ピルを予め服用することで、ほぼ確実に避妊を行なうことができます。しかし、そうでない場合は、アフターピルという使用方法もあります。これは、行為の後に服用する方法で、避妊しなかった、避妊に失敗した、レイプされた等の緊急事態において用いるする最後の避妊方法です。おすすめできるのが、レボノルゲストレルという黄体ホルモン剤を主成分とした「レボノル錠」というピルで、緊急避妊薬として世界中で使用が認められているポピュラーなものです。レボノルゲストレルのピルをおすすめする理由は、従来の方法に比べて副作用が少なく、避妊効果が高いということが挙げられます。レボノルゲストレルのピルは、性交後72時間以内のできるだけ早い時期に服用しなければなりません。しかし、いくら効果が高く、おすすめできるピルだからといって自己判断だけで服用することには危険が伴います。医師の指示を仰ぐのが一番だと言えるでしょう。また、自分で服用する場合は、服用方法をしっかり確認し、遅れないように注意しましょう。