レボノルゲストレルは市販では購入できない

緊急避妊薬とは、性交後に避妊目的で服用するホルモン剤のことです
この薬は中絶薬ではなく妊娠を予防する薬で、子宮内装着後、レボノルゲストレル(黄体ホルモン)は主に子宮内膜に作用する薬剤で排卵を抑えたり、受精卵が子宮に着床するのを阻害したりすることによって妊娠を防ぐと考えられます。

副作用が極めて少ないためレボノルゲストレルは「緊急避妊を目的としてWHOで認可された薬」です。
また、50時間以内の服用では95%以上の妊娠阻止率です。
(緊急避妊薬の避妊効果は100%ではありません)
従来の時間をあけて合計2錠服用するのではなく、1回1錠の服用ですので、飲み忘れなどのトラブルが回避できます。

☆まだ学生で身内や友人に相談できない☆
☆合意でない性交渉(レイプ)で相手に相談できないし自分で解決するしかない☆
☆援助交際での性交渉だったから産婦人科ではお金がかかりすぎる☆

という方にお勧めです。

上記のように便利ではありますが、授乳中の方、心血管系、血圧に障害のある方方、肝機能障害のある方は利用できません。
また、日本では保険適用外薬品のため通常の薬局ではおいていないので市販では購入できないことに注意が必要です。
つまり購入や使用は自己責任ということなので、実際使用をお考えの方はもう少し調べてみることをお勧めします。