日本初の緊急避妊薬が発売。しかし保険適応されないのでご注意

レボノルゲストレルのイメージ

レボノルゲストレルを使用することで得られる効果とは

レボノルゲストレルの効果を話す医師レボノルゲストレルは妊娠を防ぐための避妊薬です。本当なら妊娠は嬉しいことですが、必ずしもそうとは限りませんね。望まない妊娠をしてしまうと残念ながら中絶しなければならないケースもあるのです。そのようなことにならないためにも妊娠を予防することが大切になってきます。
レボノルゲストレルを使用すると女性ホルモンに作用して、妊娠しづらい状態を作り出すことができます。女性ホルモンには卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンが存在します。このうちプロゲステロンを体の外から補うと、排卵を遅らせたり起こらなくすることができるのです。レボノルゲストレルを服用するとプロゲステロンと同じ働きを起こせるため排卵を抑制して妊娠を防ぐことができます。
通常避妊をするときは性交渉の前に行う必要がありますが、レボノルゲストレルを使用すれば性交渉の後でも避妊ができるのです。性交渉から72時間以内に使用すれば、受精卵が着床しにくい体にしておけるため、妊娠する確率を大幅に下げられます。
このような避妊薬を緊急避妊薬と呼んでいますが、レボノルゲストレルの他にも多くの薬が販売されています。それぞれの薬が同じように妊娠を防ぐ働きを持っていますが、レボノルゲストレルの場合は副作用が少ないというメリットがあります。
女性ホルモンの変化はちょっとしたことでも起こりますが、体には大きな影響を及ぼします。更年期障害の諸症状も同じで、女性ホルモンの急激な変化が原因となって辛い症状を引き起こします。避妊のためでも副作用が強いと日常生活にも影響が出てくるでしょう。その点レボノルゲストレルなら体に大きな変化を起こさずに避妊効果を発揮してくれるので安心して使用できます。