アイピル主成分レボノルゲストレルは高い避妊効果がある

個人輸入代行通販を利用すれば、病院に行かなくても気軽に低用量ピルを買える時代なので、避妊のために使用している方は多いですが、ピルは毎日飲まなければならないので、それを忘れて性行為を行うと、妊娠する可能性があります。
子供が欲しくないし、育てられないのでどうしたらいいかわからないと思ったら、すぐにアイピルなどのアフターピルを飲んで、緊急避妊をすることをおすすめします。
アイピルの主成分はレボノルゲストレルで、女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの混合剤になります。
レボノルゲストレルが体内に入ると、脳下垂体に作用し、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌を抑えるため、排卵が抑制され、妊娠しにくい状態にすることが出来ます。
子宮内膜や頸管粘液の状態も変化させられるので、精子が子宮内に入りにくくなり、受精卵の着床を阻害することから、さらに妊娠をしにくい体にしてくれるので、いざというときは服用するようにしてください。
レボノルゲストレルを主成分にしたアフターピルで知られているのは、日本のあすか製薬株式会社で製造・販売されているノルレボですが、アイピルというのはこの薬のジェネリックなので、高い避妊効果が得られます。
しかもジェネリックなので、クリニックでノルレボを処方してもらうよりもかなり安いことから、日本人の利用者も多数存在しています。
個人輸入代行通販サイトを訪問すれば、驚きの低価格で売られていますから、空いた時間にチェックしてみてください。
アフターピルは緊急避妊用に飲むものなので、低用量ピルのように毎日摂取するものではありませんが、持っていると、避妊に失敗したときに対処できるので、ひと箱ぐらいは購入しておくようにしましょう。